PC-Eレンズでユニクロカレンダー的な動画をつくる

すごい久しぶりにデジカメねたです。といっても数エントリーしかないけどな!

UNIQLO CALENDAR

先週公開されたユニクロカレンダー良いですよね、

UNIQLO CALENDAR

ティルト・シフトレンズで撮ったミニチュア風写真を動画風に仕上げた物のようです、グッと来たのでツーリングの予定をキャンセルして自分でも撮ってみることにしました。天候が微妙になったのでどのみちキャンセルな結末なんですが。

PC-E Micro 85mmを借りてきた

本当は45mmが良かったのですが、生憎予約有りとのことでしたので85mmを借りてきました。

PC-E Micro NIKKOR 85mm f/2.8D | ニコンイメージング

去年ナノクリで一気にリプレースされたニコンのティルト・シフトレンズ群の一本です。定価も一気にアップして315,000円、高い!まず買えない。

機能的にはこのように物理的に撮像面に対して光学系を傾斜できるので、ピント面をある程度平面的にコントロールできるというレンズです。今回のように本来被写界深度が弱い無限遠を無理矢理ボカす用途にも使えますが、逆に合わせることも可能です。

開放で近距離を撮るとこのように良くあるデジイチ的被写界深度になりますが、

ティルトで傾斜させ無理矢理ピントを合わせるとこうなります。

限界まで絞ってもこうはならないですね、しかし平面的ですので下に物を置いて傾けてみると、

このように仕掛けがバレてしまいますが、さらにレボルビングを使って合わせてやると、

この通りです、商材撮影なんかでマクロの使用頻度の多い方はかなり有用なんでないでしょうか?単焦点でMFのみという今時ハードコアなレンズですが。あとニコンのマクロなので実効F値なのも注意ですね。さすがに露出計はちゃんと絞りに連動する上、プレビューボタンもありますので想像してたよりはかなり使い易かったです。

被写体を探す旅に

ニコンの中級機以上はインターバル撮影機能があるので、メニュー操作だけで撮れるハズ、だったのですが、やっぱりというかミニチュアっぽく見える構図はかなり限定されているようです、動画にする前提だと動きも欲しいのでさらに高難易度に。地上からですとがんばってこの程度ですかねぇ。

お台場の例のアレです。丸1日いろいろ周ったのですが、やっぱり定番的に高所から45度付近で見下ろす絵に落ち着くようです、三脚を立てられておいしいロケーションをフレーミングできる展望台をどれだけ知ってるかがポイントでしょうか?

そういうわけでお待たせの動画です。

これの為だけにプレミア会員にしてみましたが、やっぱり解像度がある程度ないとインパクト無いです、動画サイトだとどうしても横位置に固定されるのも痛いところ。

雑感

今回の機材はD300なのでAPS機でボケは小さめになるせいもあり、最初は本当にそれっぽい絵が撮れるかなり不安だったのですが、構図を選べばそこそこ行けるようです。今回使ったPC-E85mmの性能に助けられた面もあります、色物と思いきや開放でもカリっと写ってフレアも少ない良いレンズです。

ついでに撮ったすごく適当な作例。でも値段がなぁ。あとニコンさんにはインターバル撮影関係の機能強化をお願いしたいですねぇ、1秒未満の時間を設定できないとか低速連続撮影(レート設定可能)にすると上限100コマ制限が入るのでこれもイマイチと。APS機は画素数はほどほどにして動画とかこっち方面の進化で行くと良いんでないでしょうか?

予告みたいな

今回のように真面目?にティルトシフトレンズを使いミニチュア的に見せる方法もありますが、ソフトウェア的に加工する方法もあるようです、色々見てみたのですがゲーム系とはいえCGプログラマから見るとあんまりな物が多く、え!これでお金とんの?という感想です。実験してうまく行ったらポスト処理でより綺麗にミニチュア表現が可能な手法を紹介したいと思います。自前でソフトを書く羽目になったら少し先になると思いますが(またそれかよ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です