Arduino+FM音源で遊ぶ(基板発注+チップ入手編)

うーむ、ブログが亀ペースで制作のスピードに全然追いついていません。気を取り直していきましょう。

初めての基板発注

ボード設計もほぼ完了という訳で、最終的なガーバーデータをチェックする為あちこちのサイトを巡回していたのですが、色々な所で目にしたのがこちらの中国にある PCBCART – Professional China Prototype PCB Manufacturer という業者です。地理的に近いこともあって最終的な納期がかなり早くなるというのが決め手となりPCBCARTへ鞍替えすることにしました。それとOLIMEXはユーロ決済になってからというもの、激安というほどでもなくなりアマチュア基板外注界ではあまりメジャーな選択ではなくなっているようです。

PCBCARTの実際の使い勝手等は日本語で詳しくまとめていらっしゃる方がたくさんいますので省略しますが納期的にはこんな感じでした。ちなみに遅い方の12日コースです。

  • 9月14日(日)発注、データアップロード
  • 9月15日(月)パッドなしランドの処理方法やら割り付けやらの質問が来る、即日回答
  • 9月16日(火)OrderConfimationステータスになる
  • 9月23日(木)発送したよメールが来る
  • 9月26日(土)基板到着

対応がなかなかすばやく料金も国内の業者と比べると半額以下ですので概ね満足です。仕上がりは云々できるほど目が肥えていないのですがこんな感じで届きました。

一緒に割り付けされているのは次期トランポの自作セキュリティに使おうと設計していた12V->5V DC/DCコンバータ基板です。最初この基板に使うDC/DCを探していたところBurrBrownのDCV01に行きつき、「これって音響用OPアンプの電源が1チップ?」→「Arduinoで音モノ!」→「YM2151でしょ」の3段構成で今に至った訳です。

YM2151入手の旅

基板発注後はYM2151の入手に取りかかりました、もちろんとっくの昔に製造停止となっている石ですので、RSやDigiKeyに発注して終わりという訳には行きません。最初に一番リーズナブルな選択肢として不人気なアーケード基板から取り外すという手段を試してみました。

カプコンのクイズ殿様の野望です、2000円也。許せッ・・・!という訳でバラして半田を吸い取り、外ししてみたのですが・・・

YM2151は成功したもののYM3012は失敗・・、スマン本当にスマン殿様の野望よ。気を取り直してBプランです。アーケード基板は荒い使われ方を想定して基板が厚めでICの足ががっちり曲げてあり難しいということが分かったので、今度はジャンクでケースとボードのみでヤフオクに出ていたX68000Proにしてみました、偶然にも同じく2000円。

写真はバラし途中の物です。古いPCは恐ろしくコストがかかっているのでネジや子基板が多く分解は手間でした。そして今回は危なげなく取り外しに成功です。

実装してみる

上がってきた基板を実装してみたのがこちらです、

実装密度が低いのでスカスカな印象ですね。シールドといいつつかなりはみ出ています。次はこの基板でYM2151を鳴らす所まで書きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です